緑内障の疑いは検査で見つけよう|早期発見のための治療法

医者

視界の一部が見えなくなる

婦人

緑内障は40代以降にあらわれうやすい症状で、視界の一部が見えにくくなってしまいます。20人に1人という割合となり、発症すれば視力をもとに戻すことはできません。ただ、治療で進行を抑えることができるので、症状に気付いて治療を早めに受けることが賢明です。

詳細を読む

先天的なケース

レディー

緑内障は加齢に伴って発症リスクが高くなりますが、乳幼児が発症する発達緑内障のケースもあります。検査を嫌がって暴れたりするときには、催眠や麻酔を使って検査を行う場合もあります。多くは手術による治療となりますが、それもお子さんの将来のためには必要な治療なのです。

詳細を読む